練馬区のゴミ分別の仕方について

練馬区におけるゴミ分別の仕方については、ホームページで解説されています。

以下の物は、「可燃ゴミ」に分類されます。

生ゴミ・木の枝・古紙回収に出せない紙(写真や紙コップなど)・紙おむつなど。

ハンガーやタッパーなどのプラスチック製品や、長靴やゴム手袋などのゴム製品、革靴なども含まれます。

タバコの吸い殻などの複合素材も、可燃ゴミになります。

金属類やガラス類は「不燃ゴミ」に分類されます。

電球や刃物、陶器なども不燃ゴミです。

刃物などの危険物を出す時は、新聞などで包み「危険」と大きく書いてから出してください。

30cm角未満の小型家電製品も不燃ゴミですが、FAX機能付き電話は「粗大ゴミ」に分類されるので注意してください。

また、ガスライターやガスボンベも不燃ゴミですが、使いきらずに捨てると火災の原因となることがあるので、平成23年6月から他の不燃ゴミとは別の袋で出さなくてはいけない決まりになりましたが、それによって清掃車両の火災は大幅に減りました。